Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう


centOS6にrubyを導入する手順を紹介します。
rbenvを導入する前に、gitをインストールしておいてください。

rbenvのインストール

sudo git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git ~/.rbenv

ホームディレクトリに移動して、.rbenvがあることを確認してください。
.rbnevがあれば、無事にインストールは完了です。

rbenvのパスを通す設定

echo 'export PATH="$HOME/.rbenv/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
echo 'eval "$(rbenv init -)"' >> ~/.bash_profile

rbenvに関連するパッケージのインストール

sudo git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ~/.rbenv/plugins/ruby-build

.rbenvの所有者・所有グループの変更

sudo chown -R 一般ユーザー:一般ユーザー名 .rbenv/

設定の変更を反映する

source ~/.bash_profile

オススメの記事

BLOG コード鉄道の夜がGoogleにインデックスされた件 Rails 固定出力文字列の設定
React importとexport Ruby Rubyを導入しよう
BLOG 動画と教本どちらが良いのか?! Ruby Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう
Swift guard - else 文 Rails マイグレーションコマンド一覧
次の記事 >> Rubyを導入しよう
前の記事 >> ハッシュ型と配列型の複合
Rubyの記事一覧へ戻る