Rubyを導入しよう


centOS6にRubyを導入していきます。
パッケージマネージャのrbenvを導入しておいてください。
参考: code-night.com/issues/10

Rubyに関連するパッケージのインストール

sudo yum install gcc openssl-devel readline-devel

rbenvでインストールできるRubyのバージョン確認

rbenv install --list

インストールできるrubyのバージョンやその他のライブラリなど一覧が表示されます。

Rubyのインストール

rbenv install 2.4.1

Rubyのバージョン2.4.1を導入します。
自分の導入したいバージョンを指定してください。

マシンで使用するRubyのバージョンを設定する

rbenv global 2.4.1

Rubyのバージョンを確認する

ruby -v

自分がインストールしたRubyのバージョンが表示されていれば、無事に導入が完了です。

オススメの記事

Ruby Rubyを導入しよう Swift オプショナルチェーン
Rails CSVファイルのデータを読み込んで処理をする Rails 機密情報を環境変数に保持する
Rails DBから条件を指定せずに、ランダムにレコードを取得する React キーと値を取り出し方
Ruby ハッシュ型と配列型の複合 Rails Fat Model, Skinny Controllerという考え方
次の記事 >> Ruby on Railsを導入しよう
前の記事 >> Rubyパッケージマネージャのrbenvを導入しよう
Rubyの記事一覧へ戻る